CONCEPT

わたしのよろこび、

ちょっとのよろこび


日々のちょっとした贅沢を

わたしたちにかんじさせてくれる


誰にもわからないけど

わたしだけが知っている、

とっておき